矢印代わりのオールインワンゲル
矢印代わりのオールインワンゲル
ホーム > ネスカフェドルチェグスト > タトゥーの和彫りについて

タトゥーの和彫りについて

タトゥーシールなども登場し一般的になりつつあるタトゥーですが、洋彫りと和彫りという言葉があります。

この2つの違いというものはなかなか明確にはなっていませんが、基本的にタトゥーという言葉は洋彫りについて使用されることが多いでしょう。

タトゥーにも様々な種類がありますが、日本国内では和彫りではないものを全てひっくるめてタトゥーと呼んでいるという解釈で問題ないかと思います。

一方の和彫りについてみていくとその歴史はかなり古いことがわかります。一節には縄文時代の土偶の模様は入れ墨を模したものだという話もあるほどです。

洋彫りと和彫りの違いというのは先に述べたとおり完全に判断することは難しいですが、使用する道具が異なるといったことではなく、絵柄の雰囲気などで判断されることが多くなっています。

スジ彫りやボカシといった古来より伝わる技術を用いて表現されているものが一般的な和彫りとされているようです。スジ彫りというのはいわゆる下書きのようなもので、ボカシというのは墨の濃淡を用いて全体的に彫っていくものです。

使用されている絵柄も虎や龍、鯉や鳳凰、如来や明王といった日本的なモチーフが多いことが特徴です。和彫りにも古典と呼ばれる古き好き技術を使用したものと、現代和彫りという色味やバランスが現代風にアレンジされているものがあります。

また、和彫りに用いられるような日本的な絵柄を洋彫りで再現するといったこともあり、独特な雰囲気を醸し出すことが可能です。

 

ひとつのモチーフだけでなく様々なモチーフを重ねていくこともあります。龍などのメインとなるもの以外に雲などを添えるということです。

 

しかし日本では入れ墨をしていると様々な弊害があることから、後に除去したいと考える方も少なくありません。その際には和彫りのほうが皮膚の深い部分まで墨が入ってしまうことが多いことから綺麗に除去することが難しいと言われています。今後の自分自身について考えてから彫ることも必要だと言えるでしょう。

 

ネスカフェドルチェグスト 口コミ